バックパッカーの英語力はどれくらい必要?TOEICスコア別出来る事&出来ない事を紹介

NO IMAGE

どうも!世界一周バックパッカーのスズキです!

 

この記事では、バックパッカー旅をするにあたって必要な英語力のレベルについてTOEICのスコア目安なども混じえながら解説していきます。

 

ただし前提として、TOEICのスコア=英会話力では無いのであくまでも目安といった感じです。

 

実際、僕は英会話は問題なくネイティブとも普通に会話出来ますし、Youtubeとかで海外のテレビ番組(Ellenの番組が好きですw)とかも90%くらいは聞き取れます。

 

でもTOIECのスコアは725点なので、ぶっちゃけそこまで高くは無いよねって感じですw

 

なので、話す力とテストの点数は違うよーって事を前提にして読んでくださいね!

TOEICスコア10~395点

TOEICスコア10~395点の方は、海外バックパッカー旅行において相手が何を言っているかすら殆ど理解出来ない英語レベルです。

 

 

実際に、僕が初めて海外旅行をした時は395点程度のほんっとに初心者レベルだったのですが、まぁ…かなり厳しかったです(笑)

 

 

しかも一人旅だったので、ゲストハウスのオーナーさんに優しくされても「サ、サンキュー…」みたいなカタコト英語しか話せず…恥ずかしいやら悔しいやら。

 

 

それでも相手が会話を成立させる為に頑張ってくれるので、なんとかなるといえばなります。特に観光地などで相手にとってアナタは「お客さん」なのでカモにはされやすいと言えますwww

 

旅中のコミュニケーション・安全性を大切にしたいのであればもう少し勉強した方が良いでしょう。

 

というか、バックパッカー旅の醍醐味の1つは現地民や他の旅行者との出逢いなので、是非勉強するのをおすすめします(笑)

 

TOEICスコア400~495点

TOEICスコア400~495点になると、お店での注文や、簡単な質問であれば出来るようになってきます。また、街中の標識や看板などを見てどんな内容なのか、お店のサービス内容も理解出来るようになります。

 

バックパッカーとして旅をする中でよく使う英会話フレーズを覚えていくと、比較的簡単にこのレベルには到達します。

 

目安としては1ヶ月程度あればこのレベルになる人は多いです。

 

ネイティブとの会話では引き続き理解出来ない事が多く、話すのが早いと感じるでしょう。ストレスなく話せるようになる為には、このレベルから更に努力する必要があります。

 

ただし、このレベルであればコミュ力次第では旅を楽しむことが出来ると思います。

 

詳しくは以下の記事で回想していますので併せて読んでみてください。

www.quitoairportshuttle.com

TOEICスコア500~595点

一般的に新入社員に求められるTOEICスコアはこの辺りからでしょう。

 

大学受験を経験した方や現役の大学生は既にこのレベルの英語力は持っていることが多いですね。

TOEICスコア500~595点レベルだと、飛行機やバス、電車の時刻表を見て内容を理解する事が出来ます。

表現力に欠ける点がありますが、「How do you feel?」「Where do you live?」など、短く簡単な文章でのやりとりであれば相手と意思疎通が可能なレベルです。

 

しかし、長く複雑な文章の場合はついていけなくなる事が多くまだまだストレスが溜まると思います。