バックパッカーは現金いくら持ち歩きすべき?→現金+カードが安全ですよ

NO IMAGE

どうも!世界一周バックパッカーのスズキです!

 

この記事では、バックパッカー旅中で現金はどれくらい持ち歩くのがベストか?

 

そもそも、日本から日本円をどの程度持って行くべきか?

 

クレジットカードやデビットカードは持っていた方が良いのか?必要な場合、バックパッカー旅と相性の良いカードは何か?

 

これらの疑問についてお答えしていきます。

 

ちなみに、僕が初めてバックパッカー旅をした時は、準備不足すぎて香港から帰れなくなりかけたエピソードもあります(笑)

 

このようなお馬鹿エピソードを作らないように、ある程度準備して旅に出る事をおすすめしますww それでは紹介はじめまーす♪

 

日本円をどのくらい持って行くべき?

まずは、日本から海外に出る時に、日本円って持って行くべきかどうかについてです。

 

正直言って、僕は日本円を持って行った事は一度しかありません。初めて韓国に行った時の話です。

 

何故それ以降は日本円を持っていかないままでOKかと言うと、いつもクレジットカードを使って海外ATMキャッシングしているからです。クレジットカードに関しては後述しますね。

 

ですので、結論は「日本円は持っていかなくても全く問題ありません。」です。

 

しかし、万が一クレジットカードが盗まれたり、全てトラブルで使えなくなった場合を考えると、日本に帰る用のチケット代金くらいは持って行っても良いかもしれません。

 

その場合もせいぜい10万円程度で十分です。沢山現金を持っていると盗難の際のダメージが大きいからです。

 

基本的にはクレジットカードやデビットカードを複数枚所有して、その国ごとの現地通貨をATMで引き出す方が安全&手数料も安くなりますのでオススメです。

 

バックパッカーが複数のクレジットカードを所有すべき理由については、以下の記事で解説していますので併せて読んでみてください。

www.quitoairportshuttle.com

海外で現地通貨はどれくらい持ち歩くべき?

次に、海外で現地通貨はどのくらい持ち歩けば良いかについてです。

 

これは国や滞在期間によって異なります。

 

例えば、アジアや南米エリアであれば物価や生活費が安いので20000円程度で十分でしょう。

 

でも、アメリカやヨーロッパ(イギリスやフランスなど)でも20000円だとすぐに無くなってしまいます。

 

また、この問題はATMからの海外キャッシングとの問題とも深く関係があります。

 

海外キャッシングには、ATM所定の手数料が掛かります。クレジットカード会社にもよりますが、1回引き出す度におよそ200~400円程度は掛かります。

 

なので、出来るだけ引き出す回数自体は少ない方が好ましいですよね。いくら物価が安くても、繰り返しATMキャッシングしてしまうとお金はすぐに減ってしまいますから。

 

デビットカードとクレジットカードどちらがお得?

ここまでで現金よりもカードを持ち歩いた方が安全だという事に関して説明しました。

 

それでは次に、デビットカードとクレジットカードのどちらが良いかについて説明します。

 

結論を言うと、「安全性が高いのはデビットカードだけど、クレジットカードの方がお得」です。