バックパッカーが転職するならプログラマーが天職である3つの理由

NO IMAGE

バックパッカー旅から日本に帰国した後の再就職・転職について迷っていますか?

 

僕もバックパッカー旅をしていた頃は、日本に帰国してからのアテは全くありませんでした。

 

バックパッカーで世界中を旅する前はギター講師としての仕事をしていたのですが、帰った後は別の仕事もしてみたいなと考えながらも、「そもそも、1年間以上職歴が無い僕を雇ってくれる会社なんてあるのか…?」と不安な毎日を過ごしました。

 

最終的にはプログラマーとしてIT企業に就職する事になり、現在フリーランスのプログラマーとして生活しています。

 

そんな紆余曲折を経た僕が、日本へ帰国したバックパッカーに『プログラマーへの転職がバックパッカーにとって最高の選択である』という事を強く訴えたいと思います。

時間と場所に左右されない生活が出来る【バックパッカーのプログラマー転職がおすすめな理由その1】

 

バックパッカー旅をしてきた人は、一般的な日本企業の様に形式に捕われていて堅苦しいルールに縛られている生活や、着たくもないスーツを着て満員電車に揺られる様な生活が嫌いだからこそ旅に出たという方も少なくありません。

 

それなのに、バックパッカー旅を終えて日本に帰国したらまた同じ様な生活に戻るのは結構ストレスではないでしょうか? 正直言って、大抵の職種では上記の様なストレス社会から離れる事は難しいです。

 

そんな中、時間と場所の自由を手に入れられる唯一に近い職業が『プログラマー』です。ある程度のスキルさえあれば比較的簡単にフリーランスとして仕事を獲得する事が出来ます。

 

プログラマーはバックパッカーをするような自由人に最もふさわしい職業と言えるでしょう。

 

売り手市場なので未経験でも転職がしやすい【バックパッカーのプログラマー転職がおすすめな理由その2】

現在、プログラマーを中心としたIT技術者は売り手市場と言われています。データとしても統計が出ているのですが日本ではIT技術者が全く足りていないのです。

 

記事を読んでいるアナタはもしかしたら、「プログラマーに転職って言っても、未経験じゃ難しいんじゃないの?」とお考えの方もいるでしょう。

 

しかし現在、未経験でも就職がしやすい職業の1つがプログラマーです。

 

全くプログラマーが足りていない割に需要は非常に多い為、入社後に研修で教育することを前提とした未経験採用という方針の会社が非常に多いのです。

 

このような会社は研修の質にバラツキがある事も多いので、しっかりとした選別が必要になりますが、大手転職サイトとやり取りをしている企業に関しては一定以上のクオリティの研修を提供していると考えて問題無いでしょう。具体的にはマイナビエージェントがオススメです。

 無料や転職保証のプログラミングスクールがある【バックパッカーのプログラマー転職がおすすめな理由その3】

プログラマーは未経験での転職がしやすいのに加えて、近年は年収400万円以上の企業への転職保証が付いているプログラミングスクールや無料のプログラミングスクールが評判になっています。

 

僕も転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクール!【WebCampPRO】で3ヶ月勉強してスキルを身に付けた上で転職に成功しました。

 

このプログラミングスクールの良い所は、もし年収400万円以上の企業への転職に成功しなかった場合、スクール料金が全額返金される所です。この制度のおかげで不安なく受講出来ました。

 

正直な話、「まぁ、就職出来なくてもスキルが身に付けばなんとかなるだろう。」という思いもありましたし、実際3ヶ月スクールで勉強したら自分でアプリやWEBサイトを1から制作出来る程度のスキルは身に付きました。

 

ぶっちゃけ、そのままクラウドワークスBizseekなどのクラウドソーシングで仕事を得て生活するのも可能だと思います。僕の場合は1年間程度現場で仕事してみたかったので就職したような感じなので。

まとめ【バックパッカー転職】

バックパッカーにとってプログラマー転職は非常におすすめである事をテーマにお送りしました。

 

とは言っても、プログラミングとか向いているかもわからないし…という方も試しに一度カウンセリングを受けてみると、

  • プログラミングがどのような物なのか
  • 自分に合っているのか
  • 就職までの流れ

上記の事柄がわかると思いますのでオススメです。
未経験からIT業界へ転職なら【WebCampPRO】

満足のいく転職が出来ると良いですね!それでは!