バックパッカーは現地の言葉を知っておいた方が良い?→英語が喋れるとOKです

どうも!世界一周バックパッカーのスズキです!

 

この記事では、バックパッカー旅において英語や現地の言葉は話せる方が良いか?

 

また、必要な場合は、どのように勉強するのがバックパッカーにとって一番楽でおすすめか?という話をしたいと思います。

 

僕はこの方法で世界中を旅した結果、現地人や他の海外バックパッカーの友人も増えましたので参考にしてみてください~!

 

現地の言葉は覚えた方が良い?

まず、現地語を覚えた方が良いかについて。

 

結論を言うと、「最低限の挨拶と感謝の言葉を覚えておくと仲良くなりやすいのでオススメ」です。

 

僕は、次に行く国の挨拶や感謝の言葉(こんにちは・おはよう・おやすみ・ありがとう・ごめんなさい)はチョロっと予習することが多いです。

 

もしくは現地に着いてからネットで調べます(笑)

 

現地の言葉を簡単にリサーチするのに便利なサイトを1つ紹介します。

joho.st

簡単な一言外国語がまとめられているので見やすくておすすめです。

バックパッカーは英語が喋れると楽ですよ

バックパッカー旅は英語が話せなくても出来るんですが、ある程度話せないと旅の醍醐味である人とのコミュニケーションで100%楽しめるとは言いづらいです。

 

僕は1年間以上世界中を旅してきた中で日本人バックパッカーとも何人も出会ったのですが、大体は英語が話せないことが多く、店での注文でも「ディ...ディスワンプリーズ...」みたいにビクビクしているので。まぁ、友達出来づらいですよね(汗)

 

「俺、中学英語ですら自信無いかも...」っていう人は旅に出る前に勉強しておいた方が良いと思います。

 

とは言ってもペラペラになる必要は全くなく、TOEICのスコアで例えると650点レベルでも旅を楽しめる程度には話せると思います。そこからはコミュ力の方が重要ですね。

 

ネイティブなどはこっちが話す気持ちがあれば話す言葉のレベルを合わせてくれますから。日本にいる外国人に難しい言葉使わないでしょ?つまりそういう事です。

 

参考になると嬉しいです~♪

 

かと言って、